シェルフで叶える見せる収納!簡単にマネできるテクニック3選

収納という言葉から連想されるのは、ものを棚の中やケースなどに片付けることです。

これは片付けたものが見えなくなる一方で、無骨な棚やケースが部屋に置かれる状態になるため美観を損ないます。

そこでおすすめなのがシェルフを使った見せる収納です。

ものを収納しつつ視界に入るように配置することでお洒落さを出しつつ片付けることが出来るのです。

シェルフを活用した見せる収納を実践できるテクニックとして、まずはシェルフの選び方が挙げられます。

棚板の素材感などを意識し、シェルフそのもののデザイン性が優れているものを選ぶことがポイントです。

二つ目のテクニックとしては、収納するものに合わせてシェルフの種類を決めることです。

観光みやげの置物などはオープンシェルフに収納し、書籍であればブックシェルフにするなどそれぞれに適した種類があります。

片付けるものをイメージしながら決めることが大切です。

三つ目のテクニックは見えるものと隠すものを分けることです。

見せる収納を目指しているからと言って、全てを見える場所に置く必要はありません。

生活感が出やすい掃除用具や手紙、ハガキなどは見えない引き出しなどにしまっておくべきなのです。

シェルフはデザイン性と種類の豊富さによって見せる収納を実現しやすい家具です。

上手に活用して部屋を彩りましょう。

関連記事

  1. こたつ布団はしまう前に洗うべき?その理由とおすすめの保管方法3選

  2. 作業効率を上げる!キッチン収納のコツを分かりやすく解説します

  3. 加湿器|オフシーズンの収納方法と置き場所をじっくり解説します

  4. <電気ストーブ>長期収納後にやるべきお手入れポイントを徹底解説

  5. ソファの染み抜きに必要な物は?簡単に落とせるやり方を教えます

  6. 【ダイニングテーブル】正しいお手入れ方法で長くキレイに使うコツ

  7. 除湿器の正しいメンテナンス法は?オフシーズンの保管方法も教えます

  8. カーペットを洗う頻度はどのくらい?自分で洗う際の3つのポイント

おすすめ記事

PAGE TOP