【季節家電】扇風機をしまう前のお掃除テクニックと収納方法

夏が終わり、扇風機をしまう季節がやってきました。

扇風機は快適な風を提供してくれる便利な家電ですが、しまう前にしっかりお手入れをして、次の夏に備えましょう。

まず扇風機の電源を切ってプラグをコンセントから抜きます。

扇風機の羽根やフレームにたまったほこりを落とすために、掃除ブラシや圧縮空気を使用しましょう。

羽根の隅々までしっかりと掃除することが大切です。

こうすることで風がきれいな状態で出るようになり、風の質も向上します。

フレームやボディ部分にはぬるま湯を使った布で拭くことをおすすめします。

こうすることで油や汚れが落ち、清潔な状態を保つことができます。

もし扇風機にフィルターがついている場合、フィルターも忘れずに掃除しましょう。

フィルターは空気中のホコリや花粉をキャッチする役割を果たしていますので、こまめな清掃が必要です。

お掃除が終わったら、扇風機を収納します。

扇風機はできるだけ湿気のない場所に収納します。

またボックスやクロスで覆うことで、ほこりをかぶるのを防ぎます。

長期間しまう場合は、ビニール袋に入れてから収納することも考えます。

扇風機のお手入れと収納方法をしっかり実施することで、次の夏に安心して使用できることでしょう。

快適な風を提供してくれる扇風機を大切に保管し、次の季節に備えましょう。

関連記事

  1. カーペットを洗う頻度はどのくらい?自分で洗う際の3つのポイント

  2. チェストをテーブル代わりに!省スペースを叶える収納家具選びのポイント

  3. 作業効率を上げる!キッチン収納のコツを分かりやすく解説します

  4. 除湿器の正しいメンテナンス法は?オフシーズンの保管方法も教えます

  5. <電気ストーブ>長期収納後にやるべきお手入れポイントを徹底解説

  6. 加湿器|オフシーズンの収納方法と置き場所をじっくり解説します

  7. こたつ布団はしまう前に洗うべき?その理由とおすすめの保管方法3選

  8. 次の季節も快適に!自分でエアコンを掃除する時の注意点

おすすめ記事

PAGE TOP