すのこのベッドフレームはなぜ人気?意外と知らないデメリットも教えます

すのこのベッドフレームは、通常のベッドと比べると湿度がたまりにくくカビの発生を抑えられると人気があります。

人は寝ている間にもたくさんの汗をかいていて、コップ一杯分の汗が湿気の原因となります。

適切な手入れをしないとカビが発生して体にも良くありませんが、すのこのベッドフレームなら通気性が良いので湿気を回避できるのが強みです。

湿気に強いことは日本の風土にもよく合っていて、夏場でも涼しく眠れます。

木の香りでリラックスできて人気がありますが、気になるデメリットもあるので覚えておく必要があります。

素材の特性上通気性に優れているため、冬場は寒く感じることがあります。

床が冷たくなるとベッドの下を通る空気も冷えて、その空気を通してしまうのが原因です。

ベッドの下にスペースが空いていても、物を収納できないこともデメリットの一つです。

物を詰め込んでしまうと、メリットとされている通気性の良さが失われてしまいます。

また、すのこにはクッション性が無く、上に敷く布団が薄いと硬さを感じて体が痛くなることも懸念事項です。

この問題は、厚手の布団を敷けば解決できます。

音に敏感な人は、きしみ音が発生することが気になることもあるようです。

関連記事

  1. ベンチ付きのダイニングテーブルの選び方!失敗しないためのコツを解説

  2. デスクはキャビネット付きがおすすめ!その理由と人気商品をご紹介

  3. 6人用ダイニングテーブルの最適なサイズは?おすすめ品もご紹介

  4. 4人用ダイニングテーブルの最適なサイズは?おすすめ品もご紹介

  5. リラックスタイムが快適になるベッドの選び方3選!おすすめ品もご紹介

  6. 2人用ダイニングテーブルの最適なサイズは?おすすめ品もご紹介

  7. ソファ編|清潔感を演出できるのは何色?選び方のコツも解説します

  8. 洗えるソファならカバーリングタイプがおすすめ!選び方のポイントをご紹介

おすすめ記事

PAGE TOP