雑然としがちなキッチンの生活感をなくす収納術をご紹介【保存版】

キッチンは家の中でも最も生活感が出やすい場所、特に料理が好きな人は利用頻度も高いことからも一人暮らしの家でも生活感が出やすいです。

しかもキッチンは、トイレや洗面所など他の水回りとは異なり扉などで仕切りがあるわけではないので、リビングダイニングから見えやすくなりがちです。

ただ、キッチン雑貨や家電品、食器など置いておくべきものが多くあるので乱雑になりがちです。

しかしながら、乱雑になりがちなキッチンもインテリアの工夫ですっきりさせることも可能です。

キッチンは毎日使うものが多い場所なので、直ぐにモノを出して汚れるといった性質があります。

生活感をなくすためには出したものは直ぐに片づけるなどの習慣も大切ですが、片づけやすいなどの工夫も重要なポイントになって来ます。

キッチンで使用する電子レンジやオーブンなどの家電品は収納ができませんが、このような家電品もインテリアの一つとして考えてコーディネートすると良いでしょう。

キッチンの背面にある収納の上に並べて接地するなど、種類によりダイニングテーブルの上やカウンターの上に置くなど、このとき置くといった形で考えるのではなく飾るといったことを意識することがポイントです。

関連記事

  1. ソファの染み抜きに必要な物は?簡単に落とせるやり方を教えます

  2. 除湿器の正しいメンテナンス法は?オフシーズンの保管方法も教えます

  3. 次の季節も快適に!自分でエアコンを掃除する時の注意点

  4. 加湿器|オフシーズンの収納方法と置き場所をじっくり解説します

  5. 【ダイニングテーブル】正しいお手入れ方法で長くキレイに使うコツ

  6. カーペットを洗う頻度はどのくらい?自分で洗う際の3つのポイント

  7. 【季節家電】扇風機をしまう前のお掃除テクニックと収納方法

  8. チェストをテーブル代わりに!省スペースを叶える収納家具選びのポイント

おすすめ記事

PAGE TOP