こたつ布団はしまう前に洗うべき?その理由とおすすめの保管方法3選

こたつ布団はしまう前に洗うようにしましょう。

寒い冬場でも汗をかくので、こたつ布団に汗が染み付いてます。

また、こたつに入りながらご飯やお菓子を食べた場合は、食べこぼしの汚れもついている可能性があります。

汗や汚れがついたまま布団を保管してしまうと、カビやダニが発生してしまうので注意が必要です。

なお、こたつ布団は洗濯機で洗えるものもあれば、手洗いが推奨されているものもあります。

こたつ布団を洗う前には、必ず選択表示を確認しましょう。

おすすめの保管方法は布団用ケースを利用することです。

布団用ケースに入れて保管すれば、湿気やホコリから布団を守れます。

収納するスペースが少ない場合は、圧縮袋で保管するのも良いでしょう。

圧縮袋を使えば、大きなこたつ布団も最小限のスペースで収納できるので便利です。

宅配クリーニングの保管サービスを利用する方法もおすすめです。

宅配クリーニングの中には洗濯してくれるだけでなく、シーズンオフのアイテムを預かってもらえるサービスがあります。

こたつ布団や他の冬服をまとめてクリーニングしてもらい、次の冬まで保管を依頼してみてはいかがでしょうか。

使わない時期にこたつ布団を保管してもらうことで、自宅の収納スペースを有効活用できるでしょう。

関連記事

  1. 除湿器の正しいメンテナンス法は?オフシーズンの保管方法も教えます

  2. 加湿器|オフシーズンの収納方法と置き場所をじっくり解説します

  3. 次の季節も快適に!自分でエアコンを掃除する時の注意点

  4. シェルフで叶える見せる収納!簡単にマネできるテクニック3選

  5. 【季節家電】扇風機をしまう前のお掃除テクニックと収納方法

  6. 雑然としがちなキッチンの生活感をなくす収納術をご紹介【保存版】

  7. 【ダイニングテーブル】正しいお手入れ方法で長くキレイに使うコツ

  8. <電気ストーブ>長期収納後にやるべきお手入れポイントを徹底解説

おすすめ記事

PAGE TOP